読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二次元世界観測所

暗殺教室応援ブログ。

【漫画感想】暗殺教室 第22話「自律の時間」

週刊少年ジャンプ2013年1号より。もちろんネタバレ注意。

「うちの子 もしかして反抗期?」と思ったら読む本 (Como子育てBOOKS) 「うちの子 もしかして反抗期?」と思ったら読む本 (Como子育てBOOKS)
(2011/03/11)
主婦の友社

商品詳細を見る

自律・自立。

今週の要点
・自律思考固定砲台さん、略して「律」ちゃんがクラスの仲間入り!
竹林・・・こいつ・・・できる!!
・律は特殊なプラスチックであらゆる物を作り出せる。
・殺せんせーはやろうと思えば顔でディスプレイ的なことができる。無茶しやがって・・・
・殺せんせーが追加した機能の大半は組織に消されてしまったが、律は自分の意思で人格データを残した。


律ちゃんが可愛い過ぎてうわああああああああああ!!!
ああすいませんちょっと落ち着きます。ふぅ・・・ もう涙目だけでも壮絶な破壊力だったのに、太ももで答えを教えてくれる姿で完全にノックアウトされた。 名前も長くて大変だし、「律」と命名。笑顔で喜ぶ律ちゃんかわあああああああああああ!!!

しかし、そんな愉快な風景は続かず・・・ きっと改造したことがバレたのだろう、開発者がやってきて余計なデータを削除あああああああ!! 殺せんせーが20万円も費やして作った機能が・・・素晴らしい太ももを表示する全身ディスプレイが・・・

・・・どうやら律ちゃんは兵器としての実験データを取るためにE組へ送られたらしい。確かに、もし殺せんせーのようなチート生物に対抗できれば、彼女の価値はとんでもないことになる。地球上で殺せんせー以上の脅威は無いのだから、それを殺せれば最強の兵器である証。これからもこんな醜い思惑がE組に関わってきたりするのかな。

「攻撃準備を始めます。どうぞ授業に入ってください殺せんせー」 無機質な顔に戻ってしまった律。触れることも禁止され、もうどうすることもできなくなったと思いきや・・・ 本体から出てきたのは、以前クラスメイトと約束していた『花』

何と彼女は親に反抗し、大事なデータを守っていた!

うう・・・目、目から汗が・・・・こーゆーロボットが開発者に立ち向かう話に俺超弱いのよね。 よって、彼女は改めてE組の一員に。―その笑顔は、殺せんせーに作られたものではない。一件落着!

ところでビッチ先生は何処へ向かっているんだ。(下の殺せんせーが反応してるw)


今週の名言
『いいじゃないか2D・・・Dを1つ失う所から女は始まる』