読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二次元世界観測所

暗殺教室応援ブログ。

【アニメ感想】リトルバスターズ!第18話「答えは心のなかにあるんだ」

繋いだ手。原作のネタバレはしてないから安心してね。

ヴァイスシュヴァルツ 【 葉留佳&佳奈多 】 LBW02-061U 《リトルバスターズ!》 ヴァイスシュヴァルツ 【 葉留佳&佳奈多 】 LBW02-061U 《リトルバスターズ!》
()
ヴァイスシュヴァルツ-リトルバスターズ

商品詳細を見る

Q&Aコーナー

Q.ええと、つまりどーゆーこと?(3回目) lb18 001A.佳奈多は葉留佳を守るために悪役を演じていたのです。
葉留佳が〝約束〟を忘れてしまっても・・・ずっとずっと一人で頑張っていた。

Q.どうして葉留佳は急に心変わりしたの? lb18 012A.不幸の押し付け合いは不毛だと悟ったからです。

Q.家の問題は解決してないよね? lb18 004A.決着は佳奈多ルートにて。

Q.葉留佳の私服が・・・ lb18 005A.それについてはツッコミ禁止!原作通りです。

-----------------------------

lb18 006髪留めを見て何を思う・・・? lb18 007変装していたのは理樹の気持ちを試したかったから。

lb18 008 自分にだけできることがあるという希望は、葉留佳の支えになった。

lb18 009佳奈多が悪くないなら、誰を憎めばいいのか分からない。

lb18 010『自分が本当に望んでいることは何なのか。』答えは自分の中にしかない。

lb18 011マイナスを押し付けあっても幸せにはなれない。心の底では気付いている。 lb18 003答えのヒントは髪留め。

lb18 013西園さんが電話にでない?

lb18 014葉留佳は佳奈多と正面から向き合うと決意! lb18 015今までの自分を終わらせたい。日常を失くしてしまってもいい。 lb18 016ついに佳奈多は語り始める。葉留佳の知らない事実を・・・

lb18 017佳奈多は勝ち続けなければならなかった。そうしなければ虐げられた。 lb18 018葉留佳を蔑めと命令された。でもそんなことはできない。だって・・・ lb18 019「私の・・・私の・・・妹だもの!!」 lb18 020拒否すれば自分と葉留佳は捨てられる。でも自分が葉留佳になることは受け入れられなかった。そんな自分が怖かった。守るにはやるしかなかった・・・必死で演じ続けてきた。

lb18 021「ずっと自分だけが辛いんだと思ってた。本当は分かっていたはずなのに・・・」思い出す・・・〝約束〟を。うう・・・BGMが反則だぜ・・・(泣)

lb18 022今は仲が悪いふりをするけど・・・信じてほしい。 lb18 023いつか二人で手を繋いで、お父さんとお母さんに会いに行こう。 lb18 026「いつの間にか信じられなくなってた。でも心はずっと覚えていた。」 どうしようもなくなっていた姉妹関係は、元通りになった・・・!

lb18 027再び三枝昌に会いに行く。 lb18 028明かされる真実。大切な存在を守りたかった大人達の物語・・・

lb18 029どちらの子なのか、なんてもう知らなくていい。lb18 031「私は私でよかった。それが、私が本当に知りたかったことなんだ!」 lb18 032「何より信じたかった。誰も悪くない・・・世界を。」佳奈多の笑顔!

lb18 033親との再会。きっと明るい未来が・・・(泣)

lb18 035 次回は続けてクドルート?

-----------------------------

lb18 034葉留佳ルート終了!!原作のアレンジが最高だった!!!
これだよ・・・この家族全員が映っている写真が見たかったんだよ・・・!

はぁ~~~~~~~~~ようやく言える!かなちゃんの可愛さを!! 健気で良い子だよホント・・・とっても妹想い。二次創作では専らヤバいシスコンです(ああでもクドわふを見るにシスコンは公式設定か)。なのに葉留佳から嫌われていたとか辛かっただろうなぁ。姉妹を引き裂いた家の奴らは許さねぇ!絶対に絶対に絶対にだ!!これからは葉留佳と理樹に対してデレを見せると思うと・・・興奮してきた。 うおおおおお佳奈多ルートはまだですかああああああああああ!!! ハァハァ・・・ふぅ。そろそろ真面目に書きます。佳奈多の照れ顔(と(21))破壊力抜群だったからつい。

悲しい運命に囚われた双子。 始まりは親達だった。しきたりから逃れようとして失敗した。子供も守れなかった。親達はどちらがどちらの子かを話さないことで、二人に「自分は犯罪者の子供じゃないかもしれない」という希望を与えた。

しかしそれはますます二人を不幸にした。比べられながら育ち、二人とも虐げられた。葉留佳は人間不信になり、姉妹の絆は失われた。原作での昌の台詞だが「幸福になろうとして、全員で不幸になった滑稽な話。救いようのない・・・馬鹿な話だ。」は名言。

葉留佳はリトルバスターズに支えられ、現実と向き合う強さを手に入れた。そして佳奈多の真意を知って、誰も恨まなくていい、誰も悪くない世界を信じることができるように。

この出来事は理樹にとって大きな経験になっただろう。人は神じゃないから、誰かを救うことはできない。 話し合って答えを探すことはできる。誰かの後押しもできる。けれど、最後に決めるのは自分自身。そのことに気付かせてくれた恭介は流石。理樹が立ち止まりかけた時は助けてくれる頼れる兄貴。

だいたい原作通りだった小毬ルート・美魚ルートとは違い結構大胆に展開を変えてたね。 まず葉留佳は定期的に親が暮らしてる家に帰ってるけど、アニメでは久々に再会したみたいだしずっと寮生活か。 原作では仲直りするまでさらに大変だったり・・・まぁ原作やったら「アニメと全然空気が違う!」ってことは実感するはず。俺は全員で困難に向き合うアニメ版のほうが爽やかでリトバスっぽくて好きだな。

そうそう!「髪を下ろした〝笑顔の〟葉留佳」が見れたのも良かった。原作じゃBANEND限定だから・・・

若干ツッコミたくなる部分はあったけれど(何で佳奈多はケーキを落としたのかいまいち分からない。完璧にやろうとしてたのに葉留佳に見つかっちゃって動揺したのかな?んで、急遽悪役になったとか?だとしたらちょっとドジなかなちゃん可愛い)、原作を弄っても大丈夫だったから脚本への信頼度が上がったし、難しいところも分かり易く説明していたので葉留佳ルートは大満足でした。

次回、第19話「きっと、ずっと、がんばるのです」

TB送信先:
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6694.html
http://unabaranohikari.blog115.fc2.com/blog-entry-730.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-837.html
http://terry.blog1.fc2.com/blog-entry-4501.html
http://blog.livedoor.jp/bobu_mono/archives/23354494.html
http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-1999.html
http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-3295.html
http://firstsnow2.blog.fc2.com/blog-entry-523.html
http://e102128.blog54.fc2.com/blog-entry-2192.html
http://alicetail904.blog42.fc2.com/blog-entry-1321.html
http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51711124.html
http://anime.geocities.yahoo.co.jp/gl/yurevy117mobius/view/20130210/1360496834
http://blog.livedoor.jp/nylon66/archives/51874427.html
http://blogs.yahoo.co.jp/anitora0k/37236369.html
http://akihiroblog555.blog.fc2.com/blog-entry-1420.html
http://maguni.com/index.php/view/1839
http://blog.livedoor.jp/fa_oka/archives/52051642.html
http://www.nizigen-anime.com/animereview/litbus/litbus18/
http://midnightanimelove.blog.fc2.com/blog-entry-164.html
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-3135.html
http://renpounasu.blog.fc2.com/blog-entry-587.html
http://blog.goo.ne.jp/sapporomarines/e/0f96e923e48719d72e989aabb8a7f49d
http://subcul.jugem.jp/?eid=2772
http://blogs.yahoo.co.jp/tebuku/31814116.html
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201302100000/
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-4975.html
http://najigo.blog31.fc2.com/blog-entry-909.html
http://shirokuro585.blog109.fc2.com/blog-entry-1239.html
http://blog.goo.ne.jp/sakino-k/e/b6bd620fe61ce1bd356740da116f494b
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67801811.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/tokyomx20918-61.html
http://blogs.yahoo.co.jp/pac2sos/40128419.html
http://ilikemanga.blog87.fc2.com/blog-entry-1937.html
http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-6368.html
http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-1738.html
http://setumizu.blog136.fc2.com/blog-entry-764.html
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/blog-entry-1067.html
http://blog.goo.ne.jp/jin-d/e/1b9426241baab597d00c2d62bb3e0faf
http://takaoadventure.blog98.fc2.com/blog-entry-3321.html
http://redcoolsea.blog78.fc2.com/blog-entry-2016.html
http://blog.livedoor.jp/s_396n/archives/51882135.html
http://sora0ryu.blog87.fc2.com/blog-entry-2574.html

公式サイト

 

ゴスロリ小毬ちゃんは許されたけど葉留佳はやっぱり無理があったか・・・