読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二次元世界観測所

暗殺教室応援ブログ。

【アニメ感想】リトルバスターズ!第14話「だからぼくは君に手をのばす」

願いが叶う場所。原作のネタバレはしてないから安心してね。

キャラクタースリーブコレクション リトルバスターズ!エクスタシー 「西園 美魚」 キャラクタースリーブコレクション リトルバスターズ!エクスタシー 「西園 美魚」
(2010/12/17)
ブロッコリー

商品詳細を見る

Q&Aコーナー

Q.ええと、つまりどーゆーこと?(2回目) lb14 023A.西園美鳥は美魚が生み出した〝イマジナリーフレンド〟と呼ばれる妄想の妹です。エア友達とも。
美魚は彼女の存在を忘れてしまったことへの『罪悪感』に囚われていて、きっと美鳥は忘れられたことを恨んでいるはずだから自分の所に再び現れるだろう、と思っていました。美魚は美鳥が現れるのを待ち続け、今度は自分が消えることを望んでいたのです。
何故なら美魚は〝孤独〟になりたかったから・・・ lb14 028しかし美鳥は美魚を恨んではいなかった。それどころか、思い出してくれたことを感謝していた。
美魚の本当の望みを知っていた彼女は姉の幸せのために自分が消えることを選び、立ち止まってしまった理樹を手助けしました。

Q.どうして美鳥は急に味方になったの? lb14 012美魚のことを本当に大切に思っている理樹を認めたからです。そもそも彼女は『敵』じゃありません。

こーゆー時のためにQ&Aコーナー始めたけど案外どう言うべきか悩む・・・

-----------------------------

lb14 004
美魚は眼鏡をしていたか?それすら思い出せなくなる理樹。

lb14 005 lb14 006記憶をあやふやにされ、理樹は何を信じていいのか分からなくなる・・・
頼れる人は恭介しかいない。

lb14 007「信じるな。自分以外の言葉を信じるな。お前はお前を信じろ。」
西園美魚のために。」

恭介は一人で困難に立ち向かうしかないと理樹を奮い立たせた。
自分には何もできないという意味でもある・・・

lb14 009忘れないと強く決意しても、記憶は限界・・・

lb14 010理樹は美魚と短歌を作ったことを思い出す! lb14 011『風に乗り 白い翼で 君と行く 青の狭間の 常夏の島』 lb14 013その歌は美魚が存在した証!!もう惑わされない。 lb14 014美鳥は美魚の居場所を教える。彼女の善意を信じる?信じない?

lb14 016美鳥を信じて向かった海には美魚がいた!

lb14 017美鳥とは何者なのかを語る。lb14 018 いつも一人で遊んでいた美魚に突然妹が現れた!? lb14 019それからはずっと二人で遊んでいたが、治療により全部忘れてしまう・・・lb14 020 lb14 022歌から美鳥のことを思い出し、〝影〟を失った。

lb14 024誰からも忘れられ、孤独になりたいと望む美魚。 lb14 025彼女を引き止めることができず、理樹は泣き叫ぶ・・・

lb14 029記憶が消え去る寸前、美鳥からの電話!理樹は美鳥を忘れないと約束。 lb14 030絶対にこの世界へ連れ戻す!!覚悟を決めた理樹はひたすら前へ進む。

lb14 031 lb14 032届け!この想い!!

lb14 034美魚が本当に欲しかったもの・・・それは身近にいてくれる人。 lb14 035「これからはずっと、一緒だよ。」うう・・・BGMが反則だぜ・・・(泣)

lb14 036「美鳥・・・これからは・・・一緒。」美魚に影が戻った!

lb14 038 lb14 040帰ってきた西園美魚を暖かく迎えるみんな。ここが美魚の居場所。 
祝!西園美魚入団!!

lb14 041もう『日傘』はいらない。

lb14 042次回は理樹が大変な目に!?

-----------------------------

lb14 037 美魚ルート終了!!素晴らしい演出だった!!!恋愛が無くても大丈夫。

小毬ルートの時と同じく説得の際には理樹の過去が関わってくるね。 自分を塞ぎこんでいる人間ほどそばにいてくれる存在を欲しがっている。 かつて救いの手を取った少年は、今現在一人の少女へ救いの手を伸ばした。

恭介のアドバイスは原作よりめっちゃかっこ良くなってた。 実質俺にはどうにもできねぇ宣言だけど、それでも彼の言葉は理樹の背を強く押す。一度美魚に拒絶されても諦めない。何故なら彼女の孤独を望む言葉も「信じない」から・・・

美鳥の協力もあって理樹は美魚の「本当の願い」を叶えることができた。 初見さんからすればただでさえファンタジー展開なのにどんどん話が進んでいくから大半の人がポカーン状態だったと思う。まぁそれでもしっかり見れば理解できる構成にはなっている。スタッフは会話の取捨選択に苦労しただろうなぁ。一言一言に大事な意味があるし。(雲の話はやってほしかったけど・・・)

美魚の抱えていた矛盾。歌に出てくる白鳥のように永遠の存在になりたいと望んでいる一方で、リトルバスターズの居心地の良さへの未練を持っている。短歌コンクールに応募した歌からも誰かと共にいたい気持ちが丸分かり。最終的に彼女は孤独を選ぶが、その理由は美魚への贖罪。だから美鳥が美魚を恨んでいない時点で美魚の独りよがりだったわけ。美鳥も美魚の願いを叶えるために入れ替わっていただけだから・・・

美魚ルートは考察・妄想できるところが多くてリトバスの個別ルートの中では人気なほうです。 逆に『まるで小説のような物語』が苦手な俺のような人間からすれば考えなきゃならない言葉が多くて難解。 ファンタジーだらけだし意味不明だ!ってなるのは当然。だから今は深いこと考えずに『美魚と美鳥が仲直りした!美魚がリトルバスターズを必要とした!』ぐらいの認識でいいです。

堀江さんの叫ぶ演技は驚いた。彼女からは正直想像できなかった(超失礼)。

終盤の名曲ラッシュは涙腺にダイレクトアタック。な、何とか堪えたぜ。 あえて曲名は言わないがまさかあの曲が流れるとは予想してなかった。

最後はしっかり特殊ENDにしてくれて大満足。
個別ルートの物語は全部上手くやってくれると確信した美魚ルートでした。頑張れJC!

次回、第15話「ムヒョッス、最高だぜ」

(余談。次回はまさかの日常回。以前立てた予想ではもう日常回をやる余裕は無い。つまり、俺はてっきり個別ルートは1期で全部やると思っていたけれど違うみたいだ。どんな流れになるのか更に分からなくなったぜw)

TB送信先:
http://takaoadventure.blog98.fc2.com/blog-entry-3274.html
http://kate555.blog59.fc2.com/blog-entry-1945.html
http://akihiroblog555.blog.fc2.com/blog-entry-1364.html
http://renpounasu.blog.fc2.com/blog-entry-531.html
http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-3250.html
http://ilikemanga.blog87.fc2.com/blog-entry-1905.html
http://blog.livedoor.jp/nylon66/archives/51868090.html
http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-1969.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6584.html
http://unabaranohikari.blog115.fc2.com/blog-entry-701.html
http://shirokuro585.blog109.fc2.com/blog-entry-1215.html
http://najigo.blog31.fc2.com/blog-entry-885.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/tokyomx11214-2b.html
http://www.nizigen-anime.com/animereview/litbus/litbus14/
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-3089.html
http://midnightanimelove.blog.fc2.com/blog-entry-132.html
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67779966.html
http://blog.goo.ne.jp/sakino-k/e/68350232e5812ba08a111bf3930cc0a0
http://subcul.jugem.jp/?eid=2740
http://hahahahahahahahahoho.blog.fc2.com/blog-entry-158.html
http://maguni.com/index.php/view/1823
http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51707759.html
http://blogs.yahoo.co.jp/pac2sos/40053883.html
http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-6302.html
http://animumeso.blog101.fc2.com/blog-entry-3354.html
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/blog-entry-1019.html
http://tiyoani.blog.fc2.com/blog-entry-1051.html
http://blogs.yahoo.co.jp/tebuku/31723442.html
http://blog.goo.ne.jp/jin-d/e/9cd905b383e0f7591c1fa7673bc5947d
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201301130000/
http://blog.livedoor.jp/fa_oka/archives/52048018.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-4944.html
http://blog.livedoor.jp/s_396n/archives/51877943.html
http://sora0ryu.blog87.fc2.com/blog-entry-2547.html
http://e102128.blog54.fc2.com/blog-entry-2166.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-753.html
http://setumizu.blog136.fc2.com/blog-entry-739.html
http://terry.blog1.fc2.com/blog-entry-4461.html
http://blog.livedoor.jp/bobu_mono/archives/22227998.html
http://maikyodai.blog59.fc2.com/blog-entry-2543.html
http://firstsnow2.blog.fc2.com/blog-entry-509.html
http://timediver2010.blog27.fc2.com/blog-entry-3374.html
http://blogs.yahoo.co.jp/go_wingload/64182501.html
http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/52316435.html
http://moerukabunushi.blog77.fc2.com/blog-entry-654.html
http://kyotofan.net/books_anime/little-busters/team-litbus_14/

公式サイト

 

雨のち晴れ~♪