読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二次元世界観測所

暗殺教室応援ブログ。

久々に日記でも。ツイッター休止についてとか。

気が付けば7月も半分過ぎた!夏がやって来てしまう!
どうもお久しぶりですシカろーです生きてます。

 

この更新数の激減っぷりから察してる方もいるかもしれませんが、実はシカろーは今年の春から俗に言う新生活を始めてまして、ブログ開設時から環境が大きく変わってます。今になって明かしたのは、この更新ペースの言い訳はもうできないな、と思ったからです。自分でもまさかここまで更新ペースが落ちるとは思ってませんでした。

そして、2014年は冬アニメ・春アニメ共に最終回まで見れた作品が0というアニメ感想ブロガーにあるまじき生活を送っています。夏のP4Gだけは絶対に最後まで見たいです・・・と言いつつまだ1話すら見れてませんが・・・

とまぁそんなダメダメな話はこの辺で終わらせて、今日は"人は何故ブログを更新できなくなるのか"について語りたいと思います。

俺は今まで、好きだったブログが更新数激減→閉鎖という流れを何度も何度も見てきました。感想ブログに興味を持ち、巡回し始めた2007年ごろから現在まで続いているブログは数えるほどしかありません。閉鎖宣告を見るたびとても悲しい気持ちになったので、だからこそ、俺は更新を止めたりしない、読者さんを放っておくようなことはしたくない、と自分に言い聞かせてきました。しかし結果は・・・

更新できなくなる理由は大きく分けて3つあると思います。

①単純に時間がない。疲れていて更新どころではない。
②ブログに対する興味を失った。更新しても楽しくない。
③どう書けばいいのか分からなくなった。いつも通りにスラスラ書けない。

①はあまり当てはまりません。だって俺はゲームができる程度の余裕はあるし、そこまで疲れている訳ではありませんから。忙しくても元気です。

②は絶対に無いです。むしろ更新ペースの低下と反比例するように、記事を書く意欲は日に日に増していってます。それなのに、書けない。何故か?

結論は③です。書きたくても書けない症候群。

"書けなくなった"原因はやはり、更新間隔が空き過ぎたことでしょう。

俺は文章を書く才能なんて無い凡人ですから、何かを書く時は頭を切り替えています。ブログ更新モードとでも言いましょうかねw頭の中でスイッチが入ってしまえば割と楽に最後まで書けます。思えば、小学校時代の作文はいつも"1行目を書くことができれば何とかなって"ました。そーゆー人、友人にいませんか?書き始めるまでが、とてつもなく長いタイプです。

んで、そのスイッチは文章を書かないと全然入らなくなります。記事を書く時の自分がどんどん薄らいでゆく。継続は力ですねぇ。面白い記事を書くためには、とにかく何かを書き続けるのが大切だと俺は考えます。一度更新しなくなるとどんどん負のループに陥ってしまいますし。

とゆー訳で(ここまで長かった!)、今までならツイッターで済ませちゃってたことをこれからはブログで一つ一つ短い記事にしてみたいと思います。ツイッターの方はほぼ更新報告のみになるかと。まぁあくまで試験的に、なので続けるのが無理そうだと感じたら辞めますけどねwせっかくブログを持っているのだから、色々試してみたい。

何か迷走しちゃってる感がある当ブログではありますが、これからもよろしくお願いします。