読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二次元世界観測所

暗殺教室応援ブログ。

【漫画感想】暗殺教室 第76話「衝撃の時間」

暗殺教室

週刊少年ジャンプ2014年9号より。もちろんネタバレ注意。まさに〝衝撃〟

暗殺教室 フリフリマスコットvol.2 (真顔)

暗殺教室 フリフリマスコットvol.2 (真顔)

 

夏休み最後の日。祭りを楽しむE組の裏で、様々なことが動き出す。

今週の要点
・潮田家の複雑そうな事情。
・殺せんせーと夏祭り!長かった夏休みが終わる。
・E組の前担任、〝雪村先生〟の存在。
・殺せんせーの弱点その26。集まりが悪いと自分に価値が無いような気になる。分かるわー・・・
・ロヴロは死神と遭遇。そして―殺された。
・殺せんせーの懸賞金アップ。三百億円に・・・!
・シロとイトナ、三度目の襲撃は近い。
・誰かがE組を抜ける・・・だとぉッ!?

物語は加速する。ついに始まる2学期・・・!

渚の家族関係。
父親は単身赴任っぽい。彼は渚を母親と二人きり(?)で暮らさせていることに罪悪感を感じている。
〝厳しい性格〟ねぇ・・・。機嫌さえ損ねなければ大丈夫、と母親のことを庇う渚だが、それはおかしいよ。
少なくとも普通子供が母親に対して抱く感情じゃない。もしかして家ではずっと気を使っているのかな。 
渚のあの穏やかな性格はこの辺が影響しているに違いない。渚がE組に落ちた原因は、家庭のゴタゴタで勉強どころじゃなかった時期があったから説が現在俺の中で濃厚。
2学期中に語られるであろう渚のエピソードはかなり重そうだ・・・

E組を祭りに誘う殺せんせー。必死だ。影ではちゃんと努力してるカルマに感心。
E組の生徒にも優しかったらしい、雪村先生。殺せんせーと何かがあった・・・?

死神の登場。以前(57話)E組を監視していたのはやっぱり死神だった。
神出鬼没冷酷無比。ロヴロほど人物が何もできずに殺された。
松井せんせーはこーゆー時容赦無いから本当に死んでると思う。
まさかこんなにあっさり退場しちゃうとはな・・・彼の死をいつE組が知ることになるのか。
何気にビッチ先生の今後もピンチ?

完全にイトナの〝調整〟を済ませたシロ。殺せんせーを9月中に仕留める気満々。
殺せんせーのことは心底憎んでいるようで。今度こそ決着だ。また心臓に悪いバトルが来る予感・・・

E組からの離脱者。
一般クラスへ復帰するという意味か、学校を辞めるという意味か。
一人でも欠けたら意味が無いんだ・・・!(GE2風)
そんなにこの世って、上手いこといかねェのかよ!?(ソルキチ風)

今週はイベント盛り沢山だった。ここまで要点が多いのは久々。
そろそろネウロ後半のような鬱展開を覚悟するべきだな。

今週の名言
『畏れるなかれ 「死神」の名を』