読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二次元世界観測所

暗殺教室応援ブログ。

【アニメ感想】リトルバスターズ!~Refrain~第4話「理樹と鈴」

リトルバスターズ! リトバス感想 アニメ感想

僕の大切な鈴。原作のネタバレはしてないから安心してね。

リトルバスターズ! ~Refrain~ カレンダー 2014年

リトルバスターズ! ~Refrain~ カレンダー 2014年

 

Question and Answer

f:id:shikaro_1009:20131027045358j:plain恭介「特に変なシーンはなかった。いいね?」
理樹「アッハイ」

 

ツッコミたいけどツッコめない・・・!

 

Pickup the Scene

f:id:shikaro_1009:20131027045535j:plainおぼろげながら・・・夢を覚えている。

f:id:shikaro_1009:20131027045602j:plain突然の告白!しかし彼女の恋は叶わない。CV:はなざーさん・・・気弱・・・片思い・・・うっ、頭が・・・

f:id:shikaro_1009:20131027051645j:plain無性に鈴のことが気になる!f:id:shikaro_1009:20131027051710j:plain恭介には筒抜けさ。

f:id:shikaro_1009:20131027051751j:plain鈴も告白されていた。動揺。胸騒ぎ。不快感。

f:id:shikaro_1009:20131027051804j:plain主人公スキル:ラッキースケベ発動!原作では西園さんをry

f:id:shikaro_1009:20131027051835j:plain「あたしたちが付き合おう」f:id:shikaro_1009:20131027051849j:plain突然の告白PART2!!今回の理樹は面白い顔をするなwf:id:shikaro_1009:20131027051914j:plain成り行きで付き合い始めた二人。鈴はどこまで本気なの?

f:id:shikaro_1009:20131027051942j:plain出た!鈴の顔文字!全く表情が読めない(∵)

f:id:shikaro_1009:20131027052011j:plainまるで恭介に告白するような雰囲気!f:id:shikaro_1009:20131027052046j:plain恭介は何でも知っている。

f:id:shikaro_1009:20131027052105j:plainみんなは二人を祝福!そう、心から・・・

f:id:shikaro_1009:20131027052125j:plainもう思い残すことは無い。f:id:shikaro_1009:20131027052148j:plain光の中へ―溶けてゆく。

f:id:shikaro_1009:20131027052206j:plain恋人同士になっても、あまり普段と変わらない。f:id:shikaro_1009:20131027052341j:plain最後の手紙『HRで立候補しろ』その意味とは・・・

Conclusion

f:id:shikaro_1009:20131027055145j:plain同じ〝好き〟でも異なる気持ち。LOVEとLIKEは大違い。

最後の個別ルート、鈴ルート開始!
原作では少し特殊で、鈴以外のヒロインが全員攻略済みじゃないと強制的にBADEND。
だから鈴は攻略できるまでかなり長く、お預けを食らう分ストーリーへの期待は大きい。
ここら辺から読み進める手が止まらなくなるのよね。プレイヤーの不安も加速する。
理樹と鈴の恋から始まる物語。運命は今、静かに動き出した。

理樹が鈴に対して抱く感情は、思春期の男子高校生らしい恋してる、って方の好き。
しかし鈴は友達として好き、という気持ちを恋だと思っている。それはラブじゃない!
まだまだ恋を理解するには遠い子供。成長途中だ。それでも、理樹が来ヶ谷さんと仲良くなった時はヤキモチを焼いていたし、恭介にからかわれて照れていることから、本当の恋心を知る日はそう遠くないかもね~

来ヶ谷さんはこんなに面白いことが起きているのに姿を見せない。
それどころか美魚・葉留佳・クドも意味深な演出と共に消えていった。
うぐっ・・・予想より早く心が痛くなってきたよ・・・っ

そしてレノンが届けたラストミッション。世界の秘密は目前に!?

次回、第5話「最後の課題」

この記事へのTB用URL:
http://observationroomfornv.blog.fc2.com/tb.php/6-fc013961

TB用ブログ

関連記事:
第1話「それは突然やってきた」
第2話「そのときも雨が降っていた」
第3話「ずっとここにいたかった」

公式サイト

 

『なぜならば』を変換すると・・・