読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二次元世界観測所

暗殺教室応援ブログ。

【漫画感想】暗殺教室 第64話「拘りの時間」

週刊少年ジャンプ2013年47号よりぬ。もちろんネタバレ注意だぬ。毎週水曜更新になりそうぬ・・・

サムライと言えば、今週から始まった例のアレ、Flashアニメ化だとか。普通にすげぇ・・・

今週の要点
・次の相手は怪力系暗殺者〝グリップ〟SAMURAIに憧れてるっぽい。
・立ち向かうのは・・・カルマ!


慢心を捨て、本気で挑む。敗北で得た経験を力に。

〝ボス〟が雇った暗殺者は3人。やはり一番やばそうな〝ガストロ〟は最後だね。
毒ガスや銃に比べたら素手なんて可愛いく見えるけど、その道のプロが極めた一撃は別次元。
単純明快、力で全てをねじ伏せる。いいねぇ、そーゆーの!カッコイいいじゃんOTONAっぽくてッ!
まぁ殺せんせーには多分無力だけど・・・相性的に・・・

相対するのはカルマ。彼もなかなかの身体能力を持っているが、さすがにこの相手に真っ向から攻撃するのは分が悪過ぎる。きっと予想だにしないトリッキーな作戦を練っているのだろう。ジャンプ漫画お約束のバトル展開。緊張感がたまらねぇ。

〝グリップ〟がSAMURAIならカルマはさしずめNINJAと言ったところか。
どんな汚い手を使うのか楽しみだぜ・・・


今週の名言
『そして銃!』